目標を立てるのが苦手な方も、次の7つのポイントを心掛ければ、目標を達成しやすくなります。

1つずつチェックしてみましょう。

1.価値観に沿った目標を立てる

「今年はお金をいっぱい稼ぐ!」

これは、私が昔立てた目標です。

「何のためにお金が必要なのか」

が明確になっていなかったので、挫折しました。 海外旅行に行って、世の中を広く知りたい。だからお金を稼ぐ!こういうことを明確にする必要がありました。

2.目標を紙に書く

明確な目標を紙に書いていた3%の人は、 書いていなかった97%の年収に10倍を稼いでいます。書くだけで差がつきます!

3.期日を決める

夢に期日をつければ、目標になります。期日のない夢は、一生、夢のままです。

4.実行可能な段階まで落としこむ

自分が大切にしたいこと(価値観)

5年後、10年後の目標

今年の目標

今月実行すること

今日から実行すること

こうやって落としこんで、 今日からやることを明確にします。

ここまで1~4のステップは 『7つの習慣』読書会でやっているワークです。

『7つの習慣』読書会

5.行動する

極論すれば、既にビジネスが 動き始めているビル・ゲイツの一日よりも、これからビジネスの一歩を 踏み出そうとしている人の方が、よっぽど大きなエネルギーが必要です。

だから、何か行動を起こすときは、初めの一歩を、小さく小さく、丁寧に繰り返し始めてみること。このあたりのコツは、行動するための読書会で、ときどきご紹介しています。

行動するための読書会

6.継続する

継続するコツは、自分と同じように 行動している人と一緒にいること。一人で継続するには、よほど固い決意がないと難しいでしょう。

7.修正する

ズレてきたと思ったら、迷わず修正しましょう。でも、どうやって修正するの?考えても分からないことは、 答えを知ってる人に聞くこと。

あなたの頭の中に答えがないならば、どれだけ一人で考えても、答えは出てきません。誰かにアドバイスをもらえる 環境を見つけてみましょう。

参考書籍

最後に、目標設定の参考になる 書籍もご紹介させていただきます。

★『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー

これは鉄板の一冊ですが、概念的かつハードなので、 入門書としては以下の3冊がおすすめです!

★『非常識な成功法則』神田正典

★『ゴール!』ブライアン・トレーシー

★『未来記憶』池田貴将