Pocket

『フリー経済学入門 ー 知らないでは済まされない!世界を支配するフリーミアムの解説書』苫米地英人

『フリー経済学入門』苫米地英人

あなたは今話題になっている「フリー」を知っていますか?

フリー経済は、
商品を市場に無料で提供する
全く新しいビジネスモデルであり、経済のモデルです。
この「フリー経済」を知れば、

「なぜ、後発の検索エンジン・グーグルが巨人になれたのか?」
「なぜ、マイクロソフトはグーグルに負けるのか?」
「なぜ、ツイッターがブログに勝てるのか?」

「なぜ、テレビから時報が消えたのか?」
「なぜ、世界の支配者、FRB、巨大金融機関、銀行、国家は『フリーミアム』を使うのか?」
「なぜ、脳は『無料』に惹かれてしまうのか?」

「1913年からFRBが使っていた!」

などのことがわかってくるはずです。
そしてあなたがフリー経済を理解すれば、

・ 新しいビジネスが展開できるようになる
・ 無限大の収益を上げる方法がわかる
・ フリー経済を味方に付けてビジネスを進められる
・ 新しい時代の変化に取り残されなくなる
・ 新しい自分の生き方を見つけることができる

など、フリーの世界で賢く生きる方法
を見つけることができるはずです。

● フリーは権力者だけが使えるビジネスモデルだった!

「フリー」は史上最高のビジネスモデルです。
それでは、なぜ突然現れたのでしょうか?

それはインターネットの存在です。
インターネットが生まれ、ベンチャー投資家のフレッド・ウィルソンが2006年、無料サービスを提供する「FREE」と有料サービスを提供する「PREMIUM」を組み合わせたビジネスモデル「FREEMIUM(フリーミアム)」を明示したことにより、「フリー経済」は突如現れたのです。

しかし、本当は「フリー」は昔から存在していました。
実は、権力者、銀行、国家、FRBだけが使っていたビジネスモデルなのです。 
それがインターネットの発達によって、誰にでも使える収益モデルとして世の中に現れたのです。
今まで国家や世界の権力者しか使えなかった「フリー」は、史上最高の収益モデルなのです。

だからこそ、後発の検索エンジンであったグーグルが、
世界一まで登り詰めるのが簡単だったのです。

※Amazonより引用。続きは本書にて。

【目次】
第1章 新経済モデル「フリー」とは何なのか?
第2章 権力者は昔から「フリーミアム」を使っていた!
第3章 なぜ、脳は「フリー(無料)」に飛びつくのか?
第4章 フリーミアムの先に見える世界
第5章 「フリー経済」を賢く生きる方法

 

この読書会は終了しました。