初めての方でも参加しやすいビジネス書、自己啓発書の読書会!10年後に繫がる知識を磨くだけではなく、10年後も繫がっている仲間と出会える場所です。

【終了】《2016年11月の読書会》『ライフ・シフト-100年時代の人生戦略』リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット共著

  • HOME »
  • »
  • 【終了】《2016年11月の読書会》『ライフ・シフト-100年時代の人生戦略』リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット共著

『ライフ・シフト』リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット

lifeshift

読書時間 短■■■■■長
読み易さ 易■■□□□難
内容   浅■■■■■深
 
 
東京Cafe読書会では、毎月1冊の良質なビジネス書を選んで読書会を開催しています。
 

みんなで同じ本を持ち寄り、あれこれ話し合う。

やってみたらわかりますが、たったこれだけで驚くほど速く読めて、深く理解できます。

なぜでしょうか?それは、この形式には5つの秘密があるからです!

  1. 読書会までに本を読む必要があるので、買ったけど読めてない状態(=積読)にならない。
  2. 同じテーマで話すので、話が深まる。読んだ本をアウトプットするので、理解が深まる。関連図書も持ち寄りOKなので、理解が広がる。
  3. 難しいなと思っていた本でも、誰かに話すことを前提に読むので、驚くほどすらすら読める。
  4. よくわからなかった部分があっても、誰かと話しているうちに、はっと理解できる事がある。
  5. 読み飛ばした部分があっても、他の誰かが教えてくれる。(あなたが読み飛ばしてしまう部分にこそ、あなたにとって重要な事が書いてあるものです!)

いかがでしょうか?面白そうだなと思ったら、
ふらーっとお立ち寄りいただければ嬉しいです。
頭でっかちで意識高い系の集まりではありませんので。

おいしいコーヒーでも飲みながら、本を読んでお喋りしましょう^^

選書の紹介

10月の選書『ワークシフト』は、
2025年の働き方をテーマにしていました。

その続編である11月の選書『ライフシフト』は、
寿命100年時代を戦略的に生き抜くための人生設計書です。

もちろん、『ワークシフト』を
読んでいなくても問題なく読めます。

医療の進歩によって、2045年には平均寿命
が100歳になるとも言われてる昨今。

100歳まで生きるとしたら、
いま30歳の人は、残りの人生70年です。

「人生、折り返し地点!」と20歳の成人が叫んでいた、平均寿命40歳の江戸時代。

江戸時代と平均寿命80歳の近現代とは、
人生戦略がまるで違っています。

そして、いま私たちが生きている
平均寿命100歳を超える現代は、
さらに新しい人生戦略にを立てる
必要があるでしょう。

「大学を卒業して、良い会社に入って、
定年まで勤め上げて、その後は引退生活」

「結婚して、出産して、育児をして、
子どもが巣立ったら、第二の人生。」

こうした人生戦略では、いたるところに
綻びが出てくるのではないでしょうか。

では、どのように人生戦略を設計するのか?

その答えがこの本にあります。

2025年を描いた前著の『ワークシフト』
の内容がそのまま実現してきているだけに、

今回の『ライフシフト』は、
個人的に楽しみな1冊です。

読書会で是非あなたの感想を
聞かせてください。

ボリュームのある本なので、
目次をみて興味のあるところから
読んでみてもよいと思います。

読書会で皆さんの話を聞けば、
読めなかった箇所も補完できます。

本書の主な内容

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●40年の労働で老後の20年をカバーできても、35年をカバーするのはしんどい。
●テレビの前やゴルフコースで過ごすには、35年はあまりに長い。老後=人生のおまけという考えを捨てよう。
●企業年金、国の年金だけをあてにして生きることは難しくなる。
●お金(有形資産)も大事だが、見えない資産(無形資産)も大事。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事。
●大学卒業後、すぐに就職を考えるのは危険。自分を見きわめ、選択肢を広げることを考えるべき。
●結婚相手を選ぶ際は慎重に。
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●個人と企業の間で、産業革命に匹敵するほどの激しい争いが起きる。
●共働きの本当のリスクは、消費水準を下げられないこと。
●金融商品を買うときは、パンフレットの細部に気をつけ、手数料をチェックする。
●レクリエーション(余暇)ではなく、リ・クリエーション(自己の再創造)に時間を使おう。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●他の世代と一緒に生き、交流する機会がどんどん増えていく。
●各人のアイデンティティが変わっていく。
●教育機関=学びの提供、企業=多様な人生への対応、政府=格差への対応、という課題がこれから生じてくる。

《世界を代表する知識人が称賛! 》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶり
も素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に
関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の
未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)

 読書会の流れ

  1. 会場に集合
  2. 自己紹介
  3. 本の内容をシェア&ディスカッション
  4. まとめ

こんな方にもおすすめ

  • 社会人1年目~10年目の方
  • ビジネス書を読みたい方
  • 将来について考えたい方
  • 転職を考えている方
  • 独立を考えている方
  • 同じ方向性をもった仲間と出会いたい方
  • 教養を深めたい方

事前準備

  • テーマ書籍を各自ご持参ください。
  • テーマ図書に関連して紹介したい本があればご持参ください。
  • 事前に本を読んでからご参加ください。

参加費

500円

当日の持ち物

筆記用具、テーマ本

開催場所

日本橋人形町にある公共スペース。人形町駅から徒歩3分~5分の場所です。 (※会場の詳細はお申し込みお頂いた方にメールでご案内いたします。)

《人形町駅へのアクセス例》

  • 秋葉原駅 から日比谷線 3分
  • 上野駅 から日比谷線 6分
  • 茅場町駅 から日比谷線 2分
  • 銀座駅 から日比谷線 10分
  • 日本橋駅 から都営浅草線 2分
人形町駅

 

 参加方法

この読書会は終了しました。

 

行動するための読書会

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 東京Cafe読書会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.