初めての方でも参加しやすいビジネス書、自己啓発書の読書会!10年後に繫がる知識を磨くだけではなく、10年後も繫がっている仲間と出会える場所です。

2017年5月の読書会『モバイルボヘミアン ー 旅するように働き、生きるには』本田直之、四角大輔

  • HOME »
  • »
  • 2017年5月の読書会『モバイルボヘミアン ー 旅するように働き、生きるには』本田直之、四角大輔

実践する読書を。

東京Cafe読書会では、「実践する読書」をテーマに、毎月1冊の良質なビジネス書を選んで読書会を開催しています。
 

みんなで同じ本を持ち寄り、あれこれ話し合う。

やってみたらわかりますが、たったこれだけで驚くほど速く読めて、深く理解できます。

なぜでしょうか?それは、この形式には5つの秘密があるからです!

  1. 読書会までに本を読む必要があるので、買ったけど読めてない状態(=積読)にならない。
  2. 同じテーマで話すので、話が深まる。読んだ本をアウトプットするので、理解が深まる。関連図書も持ち寄りOKなので、理解が広がる。
  3. 難しいなと思っていた本でも、誰かに話すことを前提に読むので、驚くほどすらすら読める。
  4. よくわからなかった部分があっても、誰かと話しているうちに、はっと理解できる事がある。
  5. 読み飛ばした部分があっても、他の誰かが教えてくれる。(あなたが読み飛ばしてしまう部分にこそ、あなたにとって重要な事が書いてあるものです!)

いかがでしょうか?面白そうだなと思ったら、
ふらっとお立ち寄りいただければ嬉しいです。

 
 

今月のテーマ本 

 

モバイルボヘミアンとは、「仕事」のためだけに生きるのではなく、「好きなこと」を中心に据えながら、旅するように働き、暮らす、自由な生き方のこと。

読書時間 短■□□□□長
読み易さ 易■■□□□難
内容   浅■■■■□深
 
 私はこの本を読んで、「仕事とはこうあるべきだ。」「生き方とはこうあるべきだ」
という既成概念がガラガラと崩れました。

ノマドワーカーの次のフェイズであるモバイルボヘミアン。
ワークスタイルではなくライフスタイルを基準に済む場所を選ぶ人たちであり、
旅するように生きる人たちであり、仕事とプライベートの垣根をなくしている人たちです。

もちろん、「モバイルボヘミアンをそっくりそのまま真似してやろう」とは思いません。
でも、私はこの本を通して「私の人生にはもっと自由な選択肢があるのだ」と、
思考が自由になりました。

去年の読書会で扱った『ライフシフト』によると、
いま30歳の人は、あと40年以上働くことになります。

あなたは、あと40年も「今の働き方」を続けることができますか?

☆今の会社でずっと働くことに限界を感じている20代30代!

☆将来のビジョンを明確に描けない女性!

☆自分の性格は会社員向きではないと思ってる人!

現状に限界を感じている人にはおすすめの本です!

 
 

 目次

◆Introduction 自分を「モバイル」させる力があなたをどこまでも「自由」にする
今の働き方もあと何十年も続けてはいけない
僕たちは「ノマドライフ」の次のフェーズへ
時間に「投資」しなければ、自分の時間は取り戻せない
iPhone ひとつが、働き方を次々に変えはじめている
モバイルボヘミアンとは何か?
誰かの真似をするのではなく、自分で生き方を考えるためにこの本がある

◆ step1 これからの時代はなぜモバイルボヘミアンなのか?
僕たちは、すでに場所と時間から解放されている
そして、「会社」から「個人」が解放される
結果、あなたはもう「1つの収入源」に依存しなくてよくなる
個人として自由に働く人が「異端」ではなく「スタンダード」になる時代へ
モバイルテクノロジーを使えない人が「損」する格差社会へ

◆ step2 モバイルボヘミアンの生き方を知る
1 ワークスタイルではなく、ライフスタイルを基準にする場所を選ぶ
2 旅するように生きる
3 仕事とプライベートの垣根をなくす
4 ライフスタイル×旅×ビジネスを掛け合わせて、オリジナルな個人になる

◆ step3 会社員からモバイルボヘミアンになるには
モバイルボヘミアンは「誰もが目指せる」が「すぐにはなれない」
1 「ミニマムライフコスト」を把握する

ーお金から自由になり、リスクを取る勇気を得るー
2 人生の「インフラ」となる経験を蓄積する
ー何者かになれるスキルを手にするー
3 「SNS ×マニアックメディア」で発信力を確保する
ーオリジナルコンテンツを作るー
4 好きの徹底追求と発信で「個人ブランド」を確立する
ーアーティストのように生きるー
5 「ベーシックインカム」を自分で作る
ー「複数の小口収入」と「スキル交換」という働き方ー
6 「旅」そのものを、生活にし、仕事にする
ー本来の自分を取り戻し、究極の自由を手にするー
7 自分の意思で人生を「デザイン」する
ー「まとも」や「常識」に縛られすぎないー

◆step4 モバイルボヘミアンに向いている人、向いていない人
この生き方は誰でも実現できるが、誰しもに向いているわけではない
○「クリエイティブ」に考えられる人
×「自由」が苦手な人
○「実験」し続けることができる人
×「変化」を恐れる人
○「プロの個人」として生きたいと思う人
×「時間労働者」のまま痛い人
○「セルフマネジメント」ができる人
×お金にも時間にもだらしない人

◆step5 モバイルボヘミアンとして生きるために整えておくべき3つのこと
1 ギアを装備する
ー何を基準に選び、捨てるのか?ー
2 テクノロジーを味方につける
ーどれだけ効率化できるか?ー
3 メンタルと肉体をメンテナンスする
ー移動に耐える心身をつくるには?ー

◆Epilogue ぼくたちはどこまでも自由になれる
もし僕たちが今20代だったら、これからどんな生き方をするか?
日本人は、モバイルボヘミアンと言う生き方をもっとも実践できる民族である
この本を読んだあと、最初にしてもらいたいこと
あなたは1人じゃない。僕たちは世界のどこかで必ず会える

関連書籍

今月の『モバイルボヘミアン』はさらっと読めますので、物足りないと感じた方は関連書籍もぜひお読みになってみてください。
 
『ノマドライフ』本田直之 ・・・モバイルボヘミアンと最も関連性が高いです!
『7つの制約に縛られない生き方』本田直之・・・女性におすすめ!
『新しい働き方』本田直之・・・サラリーマンとして比較的自由に働きたい方向け!
『2022-これから10年、活躍できる人の条件』神田昌典・・・全員に読んで欲しい本です!
『21世紀の歴史』ジャック・アタリ・・・難易度高いです。
『ワークシフト』リンダ・グラットン・・・文字数が多いですがおすすめ!
 
他にも関連する書籍がありましたら、一緒にお持ちください!
 
 

読書会の流れ

  1. 会場に集合
  2. 自己紹介
  3. 本の内容をシェア&ディスカッション
  4. まとめ

こんな方にもおすすめ

  • 社会人1年目~10年目の方
  • ビジネス書を読みたい方
  • 将来について考えたい方
  • 転職を考えている方
  • 独立を考えている方
  • 同じ方向性をもった仲間と出会いたい方
  • 教養を深めたい方

過去に参加された方の職種

会社員、自営業、会社経営、公認会計士、弁護士、薬剤師、美容師、大学教授、心理カウンセラー、経営コンサルタント、セラピスト、ネット通販、整体師、接骨院、医師、カイロプラクティック、保険代理店、写真家、歯科医師、看護師、WEBコンサルタント、ファイナンシャルプランナー、テレビ局リポーター、etc…

この会で得られること

  • テーマ本の理解が深まる。
  • 関連書籍の内容も知ることができ、理解が広がる。
  • 継続的に参加することで、アウトプットのスキルが伸びる。
  • 社外ネットワークが広がる。
  • 行動を起こすきっかけになる。
  • 新しい考えに触れることができる。
  • 笑える!

事前準備

  • テーマ書籍を各自ご持参ください。
  • 関連書籍があればご持参ください。
  • 事前に本を読んでからご参加ください。

参加費

500円

当日の持ち物

筆記用具、テーマ本

開催場所

日本橋人形町にある公共スペース。人形町駅から徒歩3分~5分の場所です。 (※会場の詳細はお申し込みお頂いた方にメールでご案内いたします。)

《人形町駅へのアクセス例》

  • 秋葉原駅 から日比谷線 3分
  • 上野駅 から日比谷線 6分
  • 茅場町駅 から日比谷線 2分
  • 銀座駅 から日比谷線 10分
  • 日本橋駅 から都営浅草線 2分
人形町駅

 参加方法

この読書会は受付終了しました。

行動するための読書会

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 東京Cafe読書会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.