東京で人気のビジネス書の読書会!初めての方も大歓迎です!良書と出会えます!知識が増えます!色々な人との出会いがあります!

東京Cafe読書会へようこそ!


目指すのは、実践する読書会!

東京Cafe読書会は2012年1月にスタートして以来、累計5000名以上の方に参加頂いています。 読んで終わりの自己満足ではない、「実践する読書会」を目指してます!

 

東京Cafe読書会に参加された方からは、

「愚痴が多くなってきた自分をなんとかしたい」

「経済や世の中のことについてもっと詳しくなりたい」

「今ある人脈の枠を突破したい」

「社会人としてもっとバリバリ働きたい」

というような、さまざまな悩みが解決したという声をいただきます。
実は私も、「実践する読書」で悩みを解消した一人です。

以前は、
たくさん本を読んで感心しても、実際に自分が変わっている気がしない。
周りを見ても、本から学んだことを実践している人が誰もいない。

「ビジネス書に書いてあることを実践している人って本当にいるの?」
「結局、本に書いてあることは実現できないのかな?」

と、読書のモチベーションが下がりかけていました。
そこで、「本を読むだけではなく実行に移したい」という同じ思いをもつ人たちに出会うために、東京Cafe読書会を立ち上げたのです。

立ち上げる

その結果、行動力が格段にアップし、悩みや不満をスムーズに解決できるようになりました。しかも、仲間とたくさん出会うことで、コミュニケーション力が上がったり、人脈が広がったり、学び以外にもたくさんのメリットが…!

つまり、東京Cafe読書会は、ただ本を読むだけ、ただ本を紹介するだけの読書会ではありません。
ちょっと新しいことをしてみたいな~と思っているあなたと出会えることを、心からお待ちしています!

「実践する読書会」に参加するメリットは? ひとりで読書するのとそんなに違うの?

吉田松陰という名前、1回は聞いたことがあるのではないでしょうか。明治維新に大きな影響を与えたと言われている、非常に有名な思想家です。

250px-yoshida_shoin2

吉田松陰(出典:Wikipedia)

松下村塾という読書会を開いていた彼は、『士規七則』にこんな言葉を残しています。

「冊子を披繙せば、嘉言林の如く、躍々として人に迫る。顧ふに人読まず。即し読むとも行はず。」
(本を開けば、学ぶべき素晴らしい事がたくさん書いてあって、私達の心に訴えかけてくる。でも、考えるに人は折角のその本を読まない。
もし読んだとしても、その得た知識を行動に移すことをしない。)

吉田松陰は、本を読むことだけでなく、行動することを重視していたのです。

では、松下村塾の塾生たちは、最初から実践できていたのでしょうか。
ほとんどの塾生は、「実践する読書」をする仲間がいる環境に身を置くことによって刺激を受け、ときには助け合い、ときには仲間を観察し真似をして、「実践する読書」を身に付けていったと思われます(若い塾生たちが切磋琢磨して成長していく、大河ドラマでよく見るあのイメージです!)。

東京Cafe読書会もこれと似ています。他のたくさんの参加者から刺激を受けることで、自然とあなたも「実践する読書」の習慣を身に付けられます。

「実践する読書会」で、具体的にどう変われるの?

日本を代表するトップマーケッターである神田昌典氏は、著書『2022―これから10年、活躍できる人の条件』の中で、読書会についてこう述べています。

「読書会は、現在、私たちが仕事で直面している、スキルアップ上の課題を解決する理想的な教育になる。」(P194)

3-04

『2022-これから10年、活躍できる人の条件』神田昌典

具体的には、特にアウトプットのスキルが身に付くと神田氏は述べています。

東京Cafe読書会では、同じテーブルの人たちと1冊の本について話し合い、実践に落とし込んでいきます。その中で、相手の話を受け入れながら、自分の意見を分かりやすく伝えるトレーニングができるのです。
本の内容だけでなく、参加者の経験談などその日その場所で初めて聞く話からも話が発展します。想像以上に刺激的ですよ…!

3PR2

なんだか難しそう…堅苦しいのはちょっと…

読書会というと、メガネばかりで小難しい話をしているイメージがあるかもしれません(笑)

東京Cafe読書会は、知識の吸収よりも実践とコミュニケーションを大切にしているので、堅苦しい雰囲気はありません!参加者もとてもバラエティに富んでいます。

〈参加された方の例〉
会社経営者、一部上場企業の役員、システムエンジニア、占い師、アパレル店員、ITベンチャー起業家、スポーツインストラクター、プロスポーツ選手、
大学教授、雑誌の編集者、美容師、整体師、医者、薬剤師、学生、主婦、中国人、韓国人、ベトナム人、アメリカ人…

多彩な人たちとの関わりを通して、

「そんな考え方があるのか!?」
「そんな捉え方ができるのか!?」
「そんな世界があったとは!?」

といった感じで、新鮮なコミュニケーションを楽しむことができます!

そして、実際に読書会に参加してみると、もっと多くのメリットがあるとわかります。

1.楽しい!たくさん笑うことができる!

笑顔

楽しいことは保証いたします!いっぱい笑えます!楽しくなかったら参加費を返金いたします
気遣いの心も大切にしていますので、初めての方でも安心してご参加いただける雰囲気です。

2.読書習慣が身につく!

習慣

課題本を読む前に、参加ボタンをポチっと押してみてください。すると、「読書会の日までに本を読まなくちゃ!」と、先延ばしにしがちな読書にも取り組むことができます。
継続的に参加することで、確実に読書を習慣にできます。

3.読書のスピードがアップする!

速読

読書会に参加するようになると、ほとんどの方は読書のスピートが速くなります。
実は、速く読むだけなら「速読術」などの特別なスキルは必要ありません

東京Cafe読書会ではちょっとしたコツを伝授しますので、あとは継続的に読書をすれば、自然と速く読めるようになります!

4.時間の使い方が上達する

時間

満員電車でなんとなくゲームをしたり、帰宅してなんとなくYouTubeを見たり、休日はお昼過ぎまでダラダラしていたり…
私たちの人生を80年としたときに、「何に使ったかわからない時間」は34年もあるそうです(!)
もしあなたがもっと時間を有効に使いたいと思うなら、平日夜や休日朝の時間を読書会に充ててみてはいかがでしょうか。

5.社外ネットワークが広がる!

社外ネットワーク

「人は人によってのみ感化され、変化していく。」という言葉にもあるように、人との出会いによって得られる刺激は軽視できません。
読書会では、なかなか関わることのない人達との出会いが必ずあります! 逆に言えば、他の人にとってはあなたがそういった存在になりえます。世代や業界が異なる人と関わることで、多様な視点が得られます。

6.キャリア形成の準備にもなる!

転職

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授の「計画された偶発性理論」によると、個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されるそうです。ですから、その偶発的なことを計画的に導くことがキャリアアップの鍵となります。

実際に、東京Cafe読書会での出会いが、キャリアアップやキャリアチェンジのきっかけになった方も多くいらっしゃいます!

7.深く長く関わっていける仲間と出会える!

仲間

その場限りの関係ではなく、本当に深く繋がれる仲間と出会える可能性も高いです。なぜなら、1冊の本をテーマに集まるため、共感しあえる人と出会いやすいからです。
読書会で自分の考えを発信していたら、信じられないくらいに意気投合する人が見つかった!ということもあります。実際に、東京Cafe読書会で知り合った人たちがビジネス上のパートナーシップを組んだり、共立起業したりといった事例もあります。

価値観を共有し合える人達とWIN-WINの関係を構築しながら、一緒に未来を築いていくことができる。すごく楽しそうだと思いませんか?

あなたのご参加を楽しみにしています!

以上、東京Cafe読書会に参加するメリットを挙げてみました!

最初は不安かもしれませんが、参加すればすぐに不安も吹き飛びます!

「なんだか楽しそうだから行ってみようかな!」

これくらいの気軽さで、ぜひ参加してみてください!

読書会に参加する

メール配信にもご登録ください!

毎月2~3回のペースでメールを配信させて頂いております。 メール配信に登録していただくと、こんなメリットがあります。

・メール配信の読者様だけにご案内している特別な読書会の情報を知ることができる。

・最新の開催日程が更新されたら、キャンセル待ちになる前に申込みができる。

・いま注目のビジネス書のレビューを読める。

メール配信を希望される場合は、下記フォームに必要事項を入力してご登録ください。

※登録完了のメールが届かない場合は、info@dokushokai.comからの受信を許可してください。

メルマガ登録
メールアドレス
お名前
ご年齢
普段読む本のジャンル(複数選択可) ビジネス書 自己啓発書 小説、その他

powered byメール配信CGI acmailer

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 東京Cafe読書会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.